1. ホーム
  2. 薄毛の原因
  3. ≫紫外線が頭皮に当たると薄毛の原因になるの?

紫外線が頭皮に当たると薄毛の原因になるの?

頭皮が紫外線に無防備に当たることにより、薄毛・抜け毛を引き起こしてしまう可能性があります。そのため、外に出る時には充分にその対策には十分注意するようにしましょう。

紫外線
多くの男性は外に出かけるとき、日光に対して何の対策も行わないまま出かけてしますケースが多いです。しかし、その場合は頭皮に対して、大量は紫外線が降り注ぐことになってしまいます。


紫外線は、髪の毛を簡単に通過してしまいますので、頭皮にダイレクトに当たることになり、結果お肌のトラブルを引き起こしてしまうのです。


では、どうして紫外線が原因となり抜け毛の量が増えるのでしょうか?


まず、肌に太陽光が当たることにより、活性酸素が発生します。活性酸素はお肌の乾燥や肌荒れ、老化などのトラブルを起こし、頭皮環境の悪化を招いてしまうんですね。


頭皮は髪にとっては土壌とも言える大切な部分です。そこが乾燥や老化が起こることにより、髪の毛が生えにくい状態になってしまいます。もちろん、新しい髪が生えにくくなるだけではなく、既存の髪も抜けやすくなります。


そのため、薄毛化するスピードが速まってしまうんですね。ですので、帽子や日傘で対策を行うようにしましょう。


帽子をかぶることにより、太陽光がお肌に当たることを防止できますので、肌のトラブルを防げるようになっています。また、この時被る帽子については、UV効果のあるものが最適になるのですが、それとともに汗をかいたときに蒸発しやすいように通気性の高いものを選ぶようにしてください。


薄毛については、お肌の蒸れにより雑菌が繁殖することでも起こりやすくなりますので、蒸れにくい素材を使っているものを選ぶ必要があるわけです。


また、日傘についても、UV効果のあるものを選んでいく必要があります。そして、頭部をしっかりとカバーできるようにできるだけ大きめのものを選ぶのがおすすめです。


これらの対策については、年中通して行うと効果的になるのですが、特に太陽光が強くなる5月以降には必ず行う必要があります。


男が日傘をするなんておかしいと考える人がいまだにいますが、本気で薄毛対策に取り組むのであれば、紫外線から頭皮を守るのは基本中の基本です。何もおかしなことではありませんので、しっかりと日傘や帽子を活用して、大切な頭皮を保護してくださいね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.