1. ホーム
  2. 薄毛の原因
  3. ≫頭皮の皮脂が多いと薄毛になりやすい?

頭皮の皮脂が多いと薄毛になりやすい?

髪に関する悩みの一つに抜け毛が多くなったというものがあります。これは放っておくと薄毛になってしまう可能性があるで、すぐに対策をするべきです。


もし、髪が薄くなってしまったら自分の容姿に大きなコンプレックスを抱えることになってしまいますし、他人と話したりすることに消極的になるという方もいるのです。まt、あ相手の目線が自分の髪に行っているような感覚を持ってしまうことも多いようです。


ではどうして髪が薄くなってしまうのでしょうか?その原因の1つが頭皮に問題を抱えているからです。


例えば、頭皮に皮脂が多く溜まってしまうと、雑菌が菌が繁殖してしまい、育毛・発毛にとっては良くありません。

医者
また、髪に栄養が生きにくくなってしまうので薄毛の原因になってしまうのです。もし自分の髪の根元が油が多いように感じたら皮脂をきちんと落とせてないことなので、綺麗に洗うことが大切です。


過剰な皮脂対策として、基本となるのは正しいシャンプー方法で頭を洗うことを継続することです。最近は、湯シャンのような、シャンプーを使わないような頭の洗い方をする人がいますが、しっかりと汚れを落とすためにはやはりシャンプーは使うべきです。


ただし、肌に負担の強い洗浄剤が配合された製品はおすすめしません。できれば、アミノ酸系洗浄剤が中心となっているシ製品を使用をすることをお勧めします。


例えば、ウーマ(U-MA)やブラックプレミアムシャンプーのような商品です。


なお、正しい洗い方の手順ですが、まず何もつけずにお湯で頭を髪を洗います。この時点で髪についている汚れ・ホコリの多くを落とすことが出来るのです。


その後シャンプーをしっかりと泡立てて洗うようにしましょう。この時髪だけでなく頭皮をしっかりと洗うようにすることが重要です。指の腹の部分で優しく丁寧に、時間をかけて洗うようにしましょう。


円を描くようにゆっくりと洗うようにするのがコツです。このようにして頭皮をしっかりと洗い、皮脂を綺麗にしましょう。


こうしたことを毎日継続していけば抜け毛が減らすことが期待できますし、頭皮状態も徐々に改善していくはずです。もし、最近抜け毛が増えていると感じたら、ぜひ紹介したような正しいシャンプー方法を実践してみてください。


何もリアップX5やプロペシアのような育毛剤を使うことだけが、AGA対策ではありませんからね^^

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.