1. ホーム
  2. 薄毛の原因
  3. ≫パーマやカラーをすると抜け毛が増えるの?

パーマやカラーをすると抜け毛が増えるの?

イメージチェンジとして髪型を変える事で、印象が変わったりリフレッシュができたりと、髪型を変える事は楽しめますが、パーマやカラーリングを行った後は髪が傷んでしまい抜け毛や髪が細くなってなってしまったり、髪が絡みやすくなってしまったりと髪のダメージが出てしまいます。

カラーリング
つまり、パーマやカラーリングをする事によって、頭皮にダメージを与えてしまい抜け毛などの原因になるんですね。

特に明るい髪の色にしたい場合などは、ブリーチ剤などは刺激が強いものを使用しなくてはいけないので、そのような強い溶剤が頭皮に負担がかかってしまい、酷い場合には頭皮があれてしまって湿疹が出来てしまう場合もあります。


また、黒髪を茶色にする場合などは、ブリーチを使って髪を明るくする為に髪の毛の本来のつや、こしなどを失ってしまうので髪が細くなる事で絡みやすくなってしまうので、切れ毛や枝毛などの原因になる可能性だってあります。


頭皮にダメージを与えてしまう事で、頭皮が弱ってしまい抜け毛などの原因になってしまうので、パーマや髪を明るくしたい場合などは頻繁に行うのではなく、専門の美容師とのカウンセリングを行いながら施術を行う事が頭皮の傷みや、髪の傷みなどのトラブルを避ける事ができます。


年齢と共にだんだんよ髪が細くなってなり、薄くなっていく事もありますが、しっかりと頭皮の事も考えながら髪型を変える事で、頭皮にも髪の毛にもダメージを与える事なくヘアスタイルをチェンジする事ができます。


髪の毛の土台となる頭皮ケアを行う事で、一生大切にしたい髪の毛を守りながらつややこしなど、若々しい髪の毛を保つためにも、とても大切な事です。


好きな髪型を行う前に、頭皮や髪の毛の事も考える事で、髪のトラブルが避けられます。また、それにカラーリングやパーマで髪を痛めてしまっては、本末転倒ですからね。


なお、美容院によっては頭皮や髪への刺激が弱い、溶剤を活用してパーマや縮毛矯正を行ってくれるお店もありますので、どうしてもカラーやパーマをしたい方はそのような美容院を活用するようにしましょう。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.