1. ホーム
  2. 薄毛の原因
  3. ≫運動不足が薄毛になりやすい@適度な運動を習慣にしよう

運動不足が薄毛になりやすい@適度な運動を習慣にしよう

運動不足が肥満やメタボ、体力低下などを招いてしまうというのはとても有名な話。では、運動不足が薄毛の原因になることはご存知でしたか?


何も薄毛・AGAの原因は男性ホルモンや遺伝だけではありません。もし頭がハゲる原因などが何も思い浮かばないにも関わらず、何故が薄毛が進行していくとしたら、それは運動不足が原因だと考えられるのです。運動不足と髪の毛の関係は、主に血液の流れが深くかかわっています。

マラソン
我々は頭皮の毛細血管を流れる血液によって、髪の毛に必要なタンパク質・亜鉛などの栄養素を送り込み、髪の毛を形成・成長させています。では、その血液は何によって運搬されているのでしょうか。

まず有名なのが心臓です。この心臓がポンプのような働きをして身体中に血液を送っているのです。しかし、実を言うとこの心臓だけでは血液は循環しないのです。血液を循環させるにはある器官の働きが欠かせません。


それが筋肉なのです。血管にも筋肉が存在しており、これが収縮することによって、心臓から送り込まれた血液が身体の隅々にまで循環できるようになるのです。


しかし運動をしなくなると、この筋肉の収縮が弱まってしまい、血液も上手く循環できなくなります。当然のことながら、髪の毛にも血液がちゃんとに行き渡らなくってしまいます。しかも髪の毛というのは生命維持には決して直結しない部位ですので、栄養素を取り込む優先順位が非常に低いです。結果として、薄毛は進行してしまうのです。


これを防ぐためにも、適度な運動をする習慣を身に付けましょう。「適度な運動」ですから、決して無理をしなくても良いです。軽い運動を心がけましょう。ウォーキングやヨガ、サイクリングなどのような有酸素運動を1日30分以上を目安に行うことをおすすめします。


また、有名発毛剤のミノキシジルもその働きは血行を良くすることです。つまり、血流をよくするというのは、それほど発毛にとっては重要なものなんですね。


決して無理はしなくても良いですが、適度な運動は髪にとっては重要ですから、今薄毛で悩んでいる方は、ぜひ継続的な運動を心がけるようにしてください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.