1. ホーム
  2. 薄毛の原因
  3. ≫喫煙する人ほど薄毛になりやすい理由

喫煙する人ほど薄毛になりやすい理由

喫煙は髪の毛にとってよくない影響を与えます。髪の毛を作るためには沢山の栄養を毛根に届ける必要があるため、血行は大切です。


しかし、タバコに含まれているニコチンには、血管を収縮させて血行を悪くする働きがあります。血液は全身を循環していますので、その害は頭皮にも及び、結果として髪の毛に十分な栄養を与えることが出来なくなります。

タバコ
そのため、栄養不足によって抜けやすい髪の毛になったり、十分に成長できなくなったりします。またタバコは男性ホルモンにも影響を与えます。タバコを吸うことによって男性ホルモンが増加することが分かってきています。


喫煙する方ほど薄毛になりやすい理由は、血行を悪くすることと、男性ホルモンを増やしてしまうという二つのことがあげられます。また、喫煙することにより、健康によくない影響が出ます。


髪の毛は生命維持に直接の関係がなく、他のところにトラブルがあれば、体はそちらを優先することになります。それによって薄毛を招いてしまうケースもあります。髪の毛にとってストレスはよくないのですが、タバコを吸うことにより、ストレスを緩和してくれるビタミンCの消耗が激しくなります。


ほかにも亜鉛など髪の毛を作るために必要な栄養がタバコを吸うことによって消耗されてしまいます。体の中では、タバコによって髪の毛にとって大切な栄養が知らない間に消耗されているのです。


せっかく髪の毛のためを思って摂取した栄養が他の部分で使われてしまっては、髪の毛を育てることができません。ストレスの解消に喫煙される方もいらっしゃいますが、長い目で見ればストレス対策のためにも禁煙したほうが賢明です。薄毛でお悩みなのであれば、禁煙がおすすめです。


何より禁煙なら育毛剤もサプリメントもスカルプシャンプーも必要ありませんので、お金が一切かかりません。健康にも髪に良いのですから、今タバコを吸っている方はすぐに禁煙に取り組むべきです。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.