1. ホーム
  2. 病院でのAGA治療
  3. ≫プロペシアの副作用@服用する前に知っておきたい

プロペシアの副作用@服用する前に知っておきたい

一般的に年齢とともに薄毛に悩む人は増えてきますが、20代の若い世代の人にも薄毛に悩む人は多くいます。そして、若い方ほど何とか薄毛の進行を止めたいと思う傾向が強いです。


または親が薄毛で悩んでおり将来的に自分の頭皮も心配だということで、早めに予防しておきたいという人も少なくありません。


まず、薄毛の原因は遺伝やホルモンの影響の他にもバランスの悪い食生活や不規則な生活週間、他にもタバコや運動不足など様々な要因が考えられます。そして、なぜ薄毛になってしまうのかと言うと、頭皮の血行不良によって髪が育たず、しっかりとした毛に育つまでに抜け落ちてしまうからです。


なお、AGAの治療薬のプロペシアは、こうした抜け毛対策の薬で欧米でも多くの人が使ってわれている薬です。日本でも、現在は個人輸入代理店を利用したり、病院で処方することができるお薬です※。


※ 個人輸入での購入方法については、次の記事で紹介していますので、そちらをご参照ください。
フィナステリドの効果@プロペシア配合の薄毛治療成分

プロペシア
また、今のところ大きな副作用は確認されていませんが、中には性欲の減退や食欲不振やだるさなどを訴える人も少なからずいます。そのため、副作用が不安な方はAGAクリニックで専門医に診察してもらながら、治療を進めることをお勧めします。


そして、副作用の調査結果は20代から50代未満の方を対象としており、効果についても個人差があります。プロペシアは抜け毛の原因をもたらす物質ジヒドロテストステロンを薬によって抑えるものです。なお、先ほども個人差はありますが、最低6ヶ月間は使い続けることをお勧めします。


髪を生やすというよりは抜け毛をこれ以上増やさない、抜け毛予防に効果がある薬とされています。プロペシアと言うと聞き慣れない方は少し不安があると思います。そのため、体に何らかの疾患を抱えている人は、万が一何らかの副作用が出てきてしまう恐れもあるので、しっかりと医師の診断に基づいて処方するようにしましょう。


本サイトでも愛知県・名古屋市にあるおすすめのAGAクリニックを紹介していますので、そちらもご参考になれば幸いです。


抜け毛に悩み、詳しく成分を調べないまま色々な製品に手を出すと、より抜け毛が悪化してしまう可能性も考えられますし、自分にあう合わないなどもあると思うので、まずはきちんとした食生活や生活態度を見直しその上で対策を行っていくのが望ましいでしょう。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.