1. ホーム
  2. 病院でのAGA治療
  3. ≫女性が使える薄毛治療薬パントスチンの効果や特徴

女性が使える薄毛治療薬パントスチンの効果や特徴

パントスチンとは、女性用のAGA治療薬です。まず男性だけでなく、女性の薄毛の原因の一つとされているのが「ジヒドロテストステロン」という脱毛因子です。

女医
このジヒドロテストステロンは、「テストステロン」という男性ホルモンと、「5aリダクターゼ」という還元酵素が結び付くことで生まれます。


そうして生まれたジヒドロテストステロンが、毛根の中にあるレセプターと結び付いて毛根を攻撃することで、脱毛が引き起こされるというわけです。


パントスチンの有効成分である「アルファトラジオール」には、このジヒドロテストステロンを生み出す5aリダクターゼの働きを抑える作用があります。


イメージとしては、プロペシアに配合されるフィナステリドに近いですね。なお、フィナステリドは副作用の影響があるため、女性は使用することができません。


以上のようにジヒドロテストステロンによる毛根への攻撃を防ぐことで、脱毛を抑えることができます。使い方は、1日1回患部に塗るだけです。


そして、効果を期待できるのは、ホルモン由来の瀰漫性脱毛症・FAGA(女性男性型脱毛症)・分娩後脱毛症で悩んでいる方や、更年期症状が出ている方です。


ただし、効き目を実感できるようになるには、3~6ヵ月ほどかかります。毛髪は1ヵ月に1cmほどしか伸びませんが、新しく生えてきた毛を知覚できるようになるには3cm以上の長さが必要になるからです。


また、どのような治療薬にも言えることですが、「髪が抜けるかもしれない」というリスクがあります。


これは「初期脱毛」と呼ばれる物で、古い毛が新しい毛に押し出されるという現象です。パントスチンだけでなく、ミノキシジルが配合された発毛剤にもある副作用です。


これを抑える方法はないのですが、あくまで一時的な物であり、発毛の治療としてはよい兆しなので、あまり心配することはありません。また、副作用はほとんどないと言われていますので、その面では心配度は極めて低いです。


ただし、皮膚が敏感な方の場合、アルコール成分による頭皮の炎症や、発疹などが起きることがあるので、医師と相談してから使うようにしましょう。


なお、パントスチンを処方してくれるクリニックとしては、ルネッサンスクリニックがあります。ルネッサンスクリニックの評判については、当サイトでも紹介していますので、興味のある方はそちらをご覧になってみてください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.