1. ホーム
  2. 病院でのAGA治療
  3. ≫病院でのAGA・薄毛治療に保険は効くの?

病院でのAGA・薄毛治療に保険は効くの?

男性型脱毛症、通称AGAが一般的に知られるようになってきましたが、薄毛になってしまう病気ということだけで実際の症状や治療方法、費用についてはあまりご存じない方が多いようです。

病院
男性型脱毛症は男性ホルモンの1つ、テストステロンが主に頭皮にある酵素5αリダクターゼに反応して、ジヒドロテストステロン(DHT)に変わることで発毛が抑制されてしまう病気です。


そのため、治療ではまずフィナステリドと呼ばれる治療薬を利用することが多いです。製品名で言うとプロペシアやエフペシアですね。病院によっては飲むタイプのフィナステリドの他に塗り薬としてミノキシジルを処方する場合もあります。ミノキシジルはリアップやロゲインに含まれている、発毛を促すための成分です。


ここで気をつけたのは双方の薬剤とも、病院で処方してもらう際には保険適用外ということです。病院での治療ができるというだけで、AGA治療は保険適用になるわけではありません。


そのため、病院によって薬の販売価格は異なり、高いところになる1錠あたり5百円ほどをが必要になるケースもあります。ですので、治療にかかる1ヶ月あたり数万円の薬剤費は覚悟しておかないといけません。病院でも事前に治療費について説明があると思いますが、保険適用外の薬を使うということは忘れないようにしましょう。


フィナステリドはDHTを生み出すのを防ぐ役目がありますが、完治するわけではなく、薄毛を気にするのであればずっと飲む必用があることも重要な点です。一般的には治療が終わる数週間で飲み薬も止めると思われがちですが、DHTはフィナステリドがなくなると再発生しますので。


薄毛対策に育毛剤や発毛剤、発毛するためのお店へ通うなどの薄毛対策費を考えるとフィナステリドはそれほど高価に感じないと言う方も多いのですが、コストを計算してAGA治療をどのように行うのか、医師と財布と相談しておくことが重要です。


なお、当サイトでも愛知・名古屋にあるAGAクリニックでおすすめできる病院を紹介中です。東海地区で薄毛治療ができる病院をさがしている方は、そちらもご覧になってみてください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.