1. ホーム
  2. 病院でのAGA治療
  3. ≫プロペシアが女性が使うと副作用があるの?

プロペシアが女性が使うと副作用があるの?

年齢を重ねると、脱毛に悩まされる男性は多くいるはずです。また、プロぺシアは男性脱毛症の治療薬としてとても優秀な薬であり、愛用している方もいるでしょう。


そのように、男性にとっては頼もしい薬であるAGA治療薬のプロぺシアですが、女性が服用した場合には恐ろしい副作用があることをご存知でしたか?

女性
この薬は男性ホルモンに働きかけることで抜け毛を抑えますが、男性ホルモンが比較的少ない女性が服用すると、ホルモンバランスが崩れて副作用の影響を受け易くなってしまいます。


特に妊娠中であったり、未成年の場合は使用が禁止されています。というのは、プロぺシアに含まれるフィナステリドには、男性ホルモン・ジヒドロテストステロンの生成を抑える働きがあり、その影響で妊娠中の方が服用した場合、男子胎児の生殖機能に異常が起きる可能性があるからです。


さらに、服用しなければ問題無いと考えている方もいるかもしれませんが、女性にとっては飲まなくてもくても危険はあります。実は妊娠中の場合は錠剤に触れることも避けなければいけません。薬が皮膚から吸収され、胎児に影響を与える可能性があるのです。


ですので、旦那さんがプロペシアを服用している場合でも、細心の注意を払う必要があります。このように女性には飲むことや触れることができない薬なので、中にはこの薬を服用している男性と性行為を行った場合、何かしらの影響が出るのではないかと不安に思う方もいるでしょう。


しかし、服用している男性と性行為をしても問題は無いと言われています。もしそれでも心配だと言う方は、薬の服用からしばらく時間を置いて薬の効果が切れるのを待つと良いでしょう。


この薬は身体から抜けるのに一ヶ月程度かかると言われているので、最低でも一ヶ月は薬の服用を中止してもらってください。


プロぺシアは男性にとっては非常に役に立つ薬ですが、女性にとっては副作用のあるとても危険な薬になります。取り扱いには十分に注意する必要があります。


なお、プロペシアが使えない女性には次のページで紹介した、頭皮へ直接薬剤を注入するメソセラピーが人気となっています。名古屋のクリニックでしたらAGAスキンクリニックやルネッサンスクリニックも受けられる治療方法です。詳しくは次の記事をご覧になってみてください。

育毛メソセラピーの効果@最新の薄毛治療

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.