1. ホーム
  2. 病院でのAGA治療
  3. ≫プロペシアのジェネリック医薬品にはどんな薬があるの?

プロペシアのジェネリック医薬品にはどんな薬があるの?

プロペシア(有効成分フィナステリド)は男性型脱毛症、通称AGAに効果があるとされる内服薬です。こちらを病院で処方してもらうのに、保険は適用されません。そのため、全額自費での購入が必要となるため高価な薬剤です。

プロペシア

保険適用外なので1錠あたり数百円しますが、男性型脱毛症の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害します。


DHTとは男性ホルモンの1つであるテストステロンが、酵素5αリダクターゼと結合してできる物質なのですが、これが生成するのを予防してくれるわけです。


なお、AGA病院でも処方されることが多い薬ですが、いくつか注意しておきたい点があります。1つはプロペシアは冒頭でも書いたように、保険適用外なので高価なこと、2つめはAGAは完治することはないので薄毛を気にする間は飲み続ける必用があること、3つ目は性欲減退などの副作用がある方がまれにいるということです。


副作用については臨床検査でほぼ無いと言われていますが、極少数の方が男性機能の低下を訴えたことがあるようです。ただし、性機能についてはストレスや外的要因も影響が強いので。この薬の影響だとは必ずしも言えません。


コスト面のデメリットについてはそれを解消するためにジェネリックを探す方も多く、いくつかの商品が人気があります。


1つ目はフィンペシアです。販売実績が長いこともあり、服用している方が多い薬剤です。フィンペシアは価格も10分の1程度に抑えられていることもあり、多数販売されています。


過去にはコーティングに使われているキノリンイエローが問題になりましたが、現在は使われていません。


また、この他にもジェネリックはあり最近ではエフペシアも人気が上がってきています。エフペシアはフィンペシアを作っている製薬会社がキリンイエローを除いて作った薬です。


販売まもないこともあり実績は少ないですが、フィンペシアの製薬会社と言うこともあり、利用者が増えています。


なお、それらのジェネリックを購入する方法としては、オオサカ堂のような個人輸入代理店を活用して、海外から入手するのが一般的です。


ただし、薬の副作用が出たときには自己責任になりますので、それが心配な方はAGAクリニックで、医師と相談をしながら使用を進めるのが良いでしょう。当サイトでも愛知県・名古屋地区にあるおすすめのクリニックを紹介していますので、そちらもご覧になってみてください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.