1. ホーム
  2. 病院でのAGA治療
  3. ≫自毛植毛の方法@外科手術でのAGA治療

自毛植毛の方法@外科手術でのAGA治療

AGA治療は、プロペシアやミノキシジルなどの治療薬だけではありません。自分の髪の毛を植毛する、自毛植毛も薄毛治療法の一つです。その特徴の一つは、自然の仕上がりになることでしょう。


自分の後頭部や側頭部にある地毛を使って植毛するので、まだ残っているほかの毛と見た目に大きな違いはありません。そのため、他人からじっくり見られても、植毛だと気付かれる可能性はかなり低いです。

植毛手術
それにほかの髪と同じように抜けてもまた生えてきますし、白髪にもなりますから、不自然だと思われることはないでしょう。さらに自分の髪の毛を使用することで、人工毛のような拒絶反応が少ないと言った働きもあります。


拒絶反応の危険性がある人工の髪の毛を使う植毛より、安全な外科手術の方法なのです。ただし自毛植毛をした後には、一時的に髪の毛が抜けることもあるので注意が必要です。


また自毛植毛では、グラフトを一本一本埋め込んでいきます。さまざまな種類のグラフトを頭部の状況によって変えながら埋め込むことで、より自然な仕上がりになるのです。


このグラフトを埋め込む方法は、植毛をしてもらうクリニックによって細かく異なります。できるだけ日常生活に影響を及ぼさないようにしてくれるクリニックもあるので、外科手術と言ってもそれほどの不便はありません。


外科手術を受ける前には、医師の説明をよく聞いてから受けることが大切です。また見た目の仕上がりも、クリニックによって大きく違います。


熟練された医師が担当すれば自然な仕上がりになりますが、経験が少ないと不自然に見えることもあります。クリニックを選ぶときには、この点にも注意が必要です。


なお、現在のところおすすめできるクリニックとしてはルネッサンスクリニックがあります。ドナー(植える髪)の採取に、ARTAS(アルタス)と呼ばれる最新の設備を活用しているため、毛根の切断率が低い手術を受けられます。


外科手術は、危険性が高いと思うかもしれません。しかし自毛植毛には拒絶反応がないなど、安全な部分もある外科手術でのAGA治療です。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.